電波に関するギモンを解決

子どものスマートフォン・携帯電話利用に規制がある国がある?

一部の国や地域では、子どもの携帯電話、スマートフォン、タブレット端末等のワイヤレスデバイスの適切な使用を求める勧告等を発出しています。例えば、フランスの国立食品環境労働衛生安全庁(ANSES)は2016年、電波ばく露が子どもの健康に及ぼす潜在的影響についての専門家による評価報告書を発表しました。この報告書は、子どもは成人と比較して、頭部がより小さいことと、その組織学的な特長から、より多く電波にばく露され得る、と結論付けました。これを受けてANSESは、1) 子どもを特に対象とした全ての無線機器(タブレット端末、ベイビーモニター等)を、ばく露レベルの制限と一般向けの情報提供の観点で、携帯電話等と同じ規制対象とすること、2) 合理的に予測可能な使用条件(例:乳幼児との接触)に従ってばく露限度値を適用すること、3) 特に子どもの健康と安全に対する余裕を十分大きくするために、電波ばく露の参考レベルを再検討すること、4) 電波の既知の健康影響(熱作用)に対する防護のための現行のばく露限度に用いられている比吸収率(SAR)の妥当性を再評価し、携帯電話ユーザーの実際のばく露の代表的な指標を開発すること、を勧告しています*1

一方、オランダの保健評議会(HCN)は2011年、無線通信信号が子どもの脳に及ぼす影響についての報告書を発表しました。この報告書は、携帯電話、基地局アンテナ、Wi-Fi機器等の電波ばく露が、子どもの脳の発達と機能、ならびに健康に悪影響を及ぼすということを示す科学的証拠はない、と結論付けています。現行のばく露限度には、子どもを含む影響を受けやすい集団を特に考慮した十分な余裕が含まれていることから、これを変更する理由はないとしています*2
総務省は、「携帯電話端末から発せられる電波は大人より子どもへ悪影響を与えるという話は本当なのでしょうか?」という疑問に対し、「現在、販売されている携帯電話端末はSARの基準値(2W/kg)を満たしたものが販売されています。WHOではこの基準値はすべての人々(虚弱者、高齢者、乳幼児、病人、熱への耐性が低下するような投薬を受けている人など)を保護するために作られたことなどの見解を示しています。」との見解を示しています*3

一般社団法人 電波産業会 電磁環境委員会は、スマートフォンを含む携帯電話利用による電波ばく露と、子どもの健康への悪影響とを結び付ける科学的根拠は無いと判断しており、子どもを含む全ての人々に引き続き安心して携帯電話等をご利用いただけるものと考えています。


*1 French Agency for Food, Environmental and Occupational Health & Safety (ANSES), 2016. Exposure of children to radiofrequencies: a call for moderate and supervised use of wireless technologies.

https://www.anses.fr/en/content/exposure-children-radiofrequencies-call-moderate-and-supervised-use-wireless-technologies

*2 Health Council of the Netherlands (HCN), 2011. Influence of radiofrequency telecommunication signals on children’s brains.

https://www.healthcouncil.nl/documents/advisory-reports/2011/10/18/influence-of-radiofrequency-telecommunication-signals-on-children%E2%80%99s-brains

*3 総務省「電波と安心な暮らし[携帯電話端末]編 携帯電話端末とわたしたちの暮らし」https://www.tele.soumu.go.jp/resource/j/ele/body/1-02.pdf